2015年3月21日土曜日

日本刀愛好家から見た「エヴァンゲリオンと日本刀展」について・・・

勘違いして欲しくないのだが、エヴァンゲリオンはTVで放送していた時に起こったブーム当時から好きですが、「エヴァンゲリオンと日本刀展」について、ちょっと書こうと思います。


観覧しに行ってから書こうと思っていたのだが、中々機会もないし、御金を払って、貢献するのも嫌なので、可能な限り画像で見た感想を話したいと思います。



まず一言で言うと「気色悪いし、悲しい・・・」

エヴァが気持ち悪いんじゃなくて、こんなコラボを受けた気持ちが気色悪いのだ。




日本刀の歴史を侮辱するような刀身の形。

プラスチックか、ラッカー塗装かと見間違う拵えの作り。

幾らなんでも、おもちゃじゃんかよ・・・


何で自らの手で日本刀の伝統的価値を貶めるような事をするのかね・・・


しかし良く作ったよ、自分達で日本刀に新しい時代、価値観を作る、日本刀に興味を持って貰おうとか思ったのだろうか?

昔の刀匠や、刀装職人が見たら鼻で笑われんじゃないかな。


日本刀に興味持って貰うにしても、やり方ってもんがあるだろうに。



国内でこんな事やってるから、現在の日本刀を取り巻く状況と言うのは駄目なんじゃないかな。















この人の爪の垢でも飲ませてもらいなさい。

日本人ではないけれど、日本の心を理解している職人だと思う。(過去の職人に対するリスペクトがあるよ。)

ハッキリ言って、現在この人レベルの鍔工が国内に何人いるか・・・
技術でも負けて、気持ちでも負けているよ。






おもちゃなんか作って展示する時間があるのなら、伝統技術の習得、復興に時間を使う方が良いだろう。






0 件のコメント:

コメントを投稿