2016年8月13日土曜日

ちょっと待ってくれ・・・それは本当にウランガラスか?業者でさえ間違えているウランガラスの発光とは・・・その1

この記事は、いつかちゃんと書かないとなぁ・・・と思っていた記事です。



猿でも判るように専門的な言葉等を極力排して書きます。




まず、ウランガラスを御存知ですか?


ガラスの中にウランが入っています。

基本的にガラスの色は黄緑色、緑色です。

無色透明のウランガラスは無い。(非常に微量の含有量)

紫外線ライトを当てると蛍光緑に発光します。


非常に簡単に書きました。




さて、僕の近況の話で申し訳ないのですが、オークションでウランガラスの氷コップを買ったんです。

三点買いました。

勿論、タイトルや説明文にウランガラスと記載のあるものです。

結果を言いますと全てウランガラスではありませんでした。



ちなみに出品者は、素人さんから1点買い、店舗も構えているプロの骨董商から2点買いました・・・

素人さんは、まだいいですよ・・・

問題の骨董商に、届いた商品が2点ともウランガラスで無い旨を伝えると、「すいません、紫外線ランプ当てて確認しませんでした~」

・・・

・・・・・

・・・・・・・



うん・・・最低の仕事だね、金額の問題でなく、プロとしての自覚が足りてない最低の販売をしたと思います。

と言うか限りなくグレーゾーンだよね。

返品には応じるらしいので正確には詐欺ではないが、知らない素人の人ならそのまんまでしょ?


こういう勉強不足の輩は真面目にやってる骨董商からすると非常に迷惑なので、古物商の鑑札を公安に返却して、店の看板も下ろして下さい、と真面目に思います。


ねぇ、ビクター犬を大量に置いてある某骨董屋さん?

ちなみに特商表示はちゃんと記載しろよ?義務違反だからね。




ちなみに返品はしない、そのかわりブログに書く。





さて、怒りもぶちまけた所で、ウランガラスの誤解について書きます。

よくオークションで無色透明のガラスにUVランプ(ブラックランプ)を当てて、緑色になっているからウランガラスです。とされている場合があるのですが、これは大きな間違いです。




無色透明のガラスでウランガラスは限りなく99%の確立で存在しないです。
(正確にはウランガラスと謳っては、いけないレベルのウラン含有量か、カリウムガラスのため)



「でもさ、オークションの画像で無色透明のガラスに、UVランプが当てられて蛍光緑になってる画像があるよ?」こう言う方もいるかも知れません。


でもその答えは、それはウランが発光しているんじゃなくて、ガラス内部のカリウムや不純物が反応しているだけです!
ウランは極々多少は入っているかもね・・・(凄い極端な言い方だけどね)


更にハッキリ言うと、ウランガラスの発光と、無色透明の不純物発光は全くの別物です。

実物を比べると一目瞭然でしょう。


ウランガラスの発光は力強く、本当に綺麗です。

それに比べて、不純物の発光は弱弱しく、ライト自体の力で無理やり発光しているようなイメージです。



次回は画像で説明します。


その2に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿