2016年12月20日火曜日

般若 / ジレンマ feat. MACCHO(OZROSAURUS)  (歌詞あり)



ふとオレは思った 気が付いたら残った 何回も止めようとした だけど 火が灯った 目ン玉ン中にウォッカ おかわり頼もうか? ぬる過ぎる音楽 殺しに来た コーザノストラ 楽しいかどうか 結局はそうじゃん でも違えんだ 今日は 全て今SLOW DOWN 質よりも量だ そんなやり方 NOだ 整形に豊胸 その後ケア無え 只の悪徳業者 知りたいか?要は 調子がどうだ? 音楽がグローバル ウソつけよ 死んだ方が 誰にすればいい?相談 今 僕は街で遭難 演じてるよ 鈍感 でも止めたよ そしてGOサイン 言ってやるよ それはジレンマ うなされてる夢に似てんだ 言ってくれよ オレは偽善者 だって未だにラップしてんじゃん 音楽で話してえんだ 心の奥で話してえんだ 何か違うんだ 愛してんだ でもヤられた分は返したいんだ 俺も言ってやるよ これはジレンマ マボロシのよう 煙の向こうなら やってやるよ これは使命感 だって今だにホント少数派 音楽で 救われたんだ 伝わる分だけ祈りがあんだ 流行りじゃねぇが俺の財宝 何処のどいつが 誰でもてめぇの たかが俺一人ぐらいでも
言葉の兵隊の数は無限 立ち向かう 何度も立ち上がる 生身の等身大の声 七色のゴタクが また尻軽な嘘ではがれる柔なメッキ 背を向けて立ち去る 紛れないホントのところそれじゃないぜ 金がらみの政治権力 後ろに誰? うさんくせぇな 音と言葉で殺す 手がかりは赤い月明かりの照らす影 切り裂いてでもひっぺがして 連れ去って物思いにふける この悪夢から目を覚まさせる 揺るがないモノが強くもなる 別に手荒なわけじゃなく 突き通してきたやり方 そこに何かがあるか無いか 時はTICTAC刻まれてくまま 何処へ行く うごめく時代 それとは別の俺のけじめ 薄っぺらい言葉じゃ満たされねぇから 心に来る音楽を聴く 言ってやるよ これはジレンマ うなされてる夢に似てんだ 言ってくれよ オレは偽善者 だって未だにラップしてんじゃん 音楽で話してえんだ 心の奥で話してえんだ 何か違うんだ 愛してんだ でもヤられた分は返したいんだ 俺も言ってやるよ これはジレンマ マボロシのよう 煙の向こうなら やってやるよ これは使命感 だって今だにホント少数派 音楽で 救われたんだ 伝わる分だけ祈りがあんだ 流行りじゃねぇが俺の財宝 何処のどいつが 誰でもてめぇの 一体 何処で聴いてる 答えによっちゃオレは死んでる 小節で正気取り戻して また音と言葉でブチ殺して でも 実際コレは生きてる 時代の方がきっとブレてる 心の声が聞こえてんなら その目 耳 頭で感じろ ホラ わかってるよ そんな時代だ 笑ってないヤツが理解者 黙ってらんないから 本音の言葉でアイツの喉 切り裂いた 裏側にあるものは愛だ だからオレは希望を抱いた



押しの強い曲だと思います。

般若さん、MACCHOさんの二人とも熱い歌いかたに対して、浮遊感のある落ち着いたトラックの対比が素晴らしいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿