2018年2月2日金曜日

米軍のポーラテック フリース ジャケットを購入しました( ECWCS GENⅢ)

最近は寒いですね・・・

関東は雪が降ったので冷え込みが激しくて、暖房器具がエアコンしかない我が家としては、部屋が温まりにくく寒い日々を過ごしています。

こんな寒いんだったら、何か暖かいジャケットでも買おうかと言う事で買ってしまいました。

米軍実物の未使用品です。




この季節は金額も跳ね上がって高い・・・

プラス、サイズ不足で常時品不足と言うミリタリー物の宿命を背負ったようなジャケットです。

届いて早速着てみましたが、結構軽いです。

このモデルになってから結構軽くなったみたいで、前のモデルに比べると明らかな差があるみたいです。(とは言っても前のモデルは持っていないので、ほかのレビュー情報です。)

暖かさは結構なものがある。

アウトドア好きなら有名なポーラテックが使用されているので暖かい。

実はこのジャケットは室内兼、仕事用として買ったのだが、どちらの用途も満たしてくれる。

このフリースは光に当てると生地が透けて見える。

つまり暖かいが蒸れにくいと言う事で、実際に仕事中で運動するような場面でも蒸れは殆ど無い。


今の季節は

 インナーTシャツ半袖
 ↓
 このフリースジャケット
 ↓
 ナイロンの防風ジャケット(ワークマンで980円)

で野外の深夜に働いている。

夜間16キロ程歩いた時も大丈夫だった。
(やはり殆ど蒸れもなかった・・・)


でも、あくまでも関東圏の話だから過信はしないでね。

今の季節はこのフリースジャケットだけでは無理でしょうね。

なぜなら通気性が高いので風をかなり通します。

防風性はないに等しいので、あくまでもインナーとして活用するのが吉かと思います。



まぁ、このジャケットはミリタリー好きには勿論、登山をやられる方にもお勧めです。

ナイロンの当て布補強が、肩と腕にしてあるので擦れにも強いし、高めの襟はネックウォーマー代わりにもなる。

何よりミルスペックを通っているわけで、耐久性や使い勝手は折り紙付きです。

さらに安い!!

有名なメーカーだとフリースジャケットって大体20,000円位しますが、これは半額以下で買えます。

ただ、シルエットは野暮ったい・・・ゆったりめなサイジングです。
腹回りが特にダボつくね。



あと、このジャケットは各メーカからレプリカが発売されているので、実物にこだわる方は気を付けて下さい。

下手すると形だけ似せてポーラテックじゃなかったりするので・・・

なんにせよ、この季節にはかなりお勧めです。

0 件のコメント:

コメントを投稿