2018年6月22日金曜日

ヤフオクにて象牙製品が取消された件について・・・その②

前回の記事で、象牙の根付がヤフオクから出品削除された件について書きましたが、あれから又削除されたので記事にします。


前回は出品削除されてから特定国際種事業者番号を記載するようにしたので安心していたのですが、それから数日たったら又削除されていました・・・


んー・・・なんでじゃい?と規約を詳しく見てみたら、下記内容になっていました。



象牙、トラやヒョウの毛皮・はく製、アジアアロワナなどの国際希少野生動植物は、種の保存法に基づいて発行された国際希少野生動植物種登録票がなければ出品できません。なお、イヌワシなどの国内の希少な動植物は販売自体が禁止されています。
また、事業としての出品はヤフオク!ストアの契約が必要です。象牙のカットピース、端材、印材、製品を事業として出品する場合には、経済産業省へ特別国際種事業の登録を行ったうえでヤフオク!ストア契約をお申し込みください。




ヤフオクの規約自体、結構ガバガバな場合があるのですが、今回の削除された原因は・・・

「特定国際種事業者番号を記載しているが、ストア登録していないよね?だから削除だぜ!!」ってのが原因だと思います。


でも過去にストア登録希望した時断られたんですが・・・

根付一個にストア登録申請を又したくないしなぁ・・・

あとは現在のストア登録にそこまで魅力を感じないってのも大きいかもね。

あまりメリットを感じないんだよなぁ・・・


象牙製品全般を確認してみましたが、根付に関しては集中的にチェックしているみたいですね、結構頻繁に取消されています。

なんにせよ、これからは象牙製品は仕入れを注意するようにしないと在庫になって危険ですね。