2017年1月23日月曜日

DAYTONA[デイトナ]:ウインドシールドSS アドレスV125用を取り付け致しました


ここ最近の寒さに完全にやられてしまい、遂にスクリーンを取り付け致しました。





*デイトナのウインドシールド。
*KN企画の左右レバー。
*ミラー左右
*ミラー8mm→10mm変換アダプター
*ヘッドライトバルブ

以上を取り付け致しました。



デイトナのスクリーンはミラー差込径のネジが10mmじゃないと駄目なので変換アダプターを使用しました。

僕のアドレスV125GはK6なのでミラーネジ径は8mmです。
K7から10mmになります。


そもそも何でデイトナのスクリーンにしたかというと、ダサくなりがちなスクリーンの中で比較的ましに見えたからでした。

あとは、角度も変更出来るのでそれも決め手になりました。




じゃあ、早速取り付けました。

作業風景は無しです、作業に集中したいので写真は撮りませんでした。

30分位掛かったかなー、結構神経質なので左右のバランス取るのに拘ってたら多少時間取られました。



ミラー変換アダプターを付けているので、実際は1cmほど高く装着されています。

そしてミラーを8mmで買ってしまったため、新しいのを買い直しました。


うーん・・・


格好は良くないけど、とりあえず走行インプレッションをします。






いやー!!

凄いですね、激変といっても良いレベルで走行風が変化しました。

自分に当たる風は顎より下は激減しました。(胴体はほぼ風無しです。)

巻き込み風が首に当たるのですが、スクリーン無しよりは大分マシです。
(僕のは1cmほど高く装着されてますので通常装着であれば首に走行風がもろに当たるかもね・・・)

風きり音が大きくはなっていますが、我慢できるレベル。



そして結構驚いたのが、速度の伸びが良い事です。

明らかに加速が良くなってます。

スクリーンを取り付けることによって抵抗になると思っていたのだけど、この位のスクリーンだったら整流効果で逆にプラスになるんでしょうねー。



これは是非取り付けるパーツだと思います。

それ位の効果がありますのでオススメです。

0 件のコメント:

コメントを投稿