2018年3月10日土曜日

高級将棋駒を展示する「将棋駒博物館」に男が押し入り強盗・・・被害額は5000万円、犯人は逃走中 → 実は保険金狙いの狂言強盗でした!!

展示施設に強盗 高級将棋駒被害 

http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/2004278082.html 
※NHKローカルニュース 

11日午前、大阪・八尾市の将棋の駒の製造会社が運営する展示施設に男が押し入り、展示されていた駒、およそ40セットを奪って逃げました。 
中には、1セット500万円以上で販売される高級なものもあり、被害額は5000万円ほどにのぼるということで、警察が強盗事件として捜査しています。 

11日午前10時すぎ、大阪・八尾市北本町にある将棋の駒の製造会社が運営する展示施設、 
「将棋駒博物館」に男が押し入り、従業員の女性にドライバーのようなものを突きつけて 
「静かにしろ」と脅しました。 
男は女性を後ろ手に縛ったあと、ケースのガラスを割って展示してあった将棋の駒およそ40セットを奪って逃げたということです。 

施設は11日が休館日で、用事のため出勤していた女性が建物の中に入ろうとしたところ、男が押し入ってきたということです。 

警察などによりますと、奪われた駒の中には、ツゲの木を使った1セット500万円以上で販売されるものもあり、被害額はあわせて5000万円ほどにのぼるということです。 

男は、年齢が40代くらい、黒っぽい上下と帽子を身につけ、白のマスクをしていたということで、警察は、強盗事件として被害の確認を進めるとともに周辺の防犯カメラの映像を分析するなどして逃げた男の行方を捜査しています。

01/11 15:53



結構このニュースは記憶に残っておりました。

盗られた物が将棋駒という特殊な物で、換金性を重視する窃盗犯が狙う物ではないと思ったからです。

だって、めっちゃ現金化しにくいですよ・・・

で、怪しいなぁ、と思っていたら新しくニュースが来ました。



 今年1月、将棋駒の展示・販売店に男が押し入り、約5000万円が奪われたとされる強盗事件。9日、経営者らの自作自演だった疑いが強まり、4人が逮捕されました。

 無惨に割れたショーケース。中に入っていたはずの将棋駒がごっそりなくなっていた。今年1月、大阪府八尾市にある将棋駒の展示・販売店で起きたという強盗事件。女性従業員が縛られて被害は、将棋駒30から40セットあわせて5000万円にのぼるとされた。しかし、捜査中にある疑いが…経営者らによる自作自演だ。

 Q.強盗が入ったときの状況は?
 「いや、全然違うから」(逮捕前の嶋野容疑者)

 MBSの直撃取材に応じるのは、経営者の嶋野等容疑者(58)。9日、詐欺未遂の疑いで逮捕された。そして…

 Q.突然男が入ってきた?
 「そうですね。全く見覚えのない人です。突然ばっと、ダッシュして。忘れたい話なんですよ」

 こう話していた従業員の藤岡亜由美容疑者(37)も逮捕。警察によると、嶋野容疑者は実行犯役ら3人と事件を偽装し、将棋駒などにかけられた保険金約5200万円を騙し取ろうとした疑いだ。

 「犯人に縛られた」役を務めたとされる藤岡容疑者は逮捕前の取材に対し、当時の状況を雄弁に語った。

 Q.縛られたんですよね?
 「『静かにしろー』って。片言でイントネーション下がるような感じ」
 Q.保険には入っていた?
 「まったく」
 Q.盗まれたらそのまま?
 「返ってくることもないだろうし。反対にあんなの売れないんですよね。だから外国人なんちゃうのかなって」

 強盗犯は外国人ではないかと語るが、警察によると藤岡容疑者と実行犯役は知り合い。しかも事件の前後に、頻繁に電話していたことが発覚、これが逮捕の決め手となった。

 Q.まさか自作自演なのでは?
 「ないでしょうね。社長はそんな勇気ない」

 取材に対し、自作自演をきっぱりと否定した藤岡容疑者。警察の調べに対しても、4人とも否認しているという。9日、再び施設を訪ねると…

 「事件現場となった将棋駒博物館はシャッターが閉じられたまま。去年から、かなりの経営難に陥っていたということです」(海老桂介記者リポート)

 警察によると、店の運営会社は先月破産手続きに入ったということで、警察は経営難が動機とみて詳しく調べている。
MBSニュース




あらら・・・まだ否認中みたいですが時間の問題でしょう。

いくら将棋が人気だからと言っても何百万もの将棋駒をポンっと買える人は中々居ないよなぁ・・・



逮捕された方々は警察に王手をかけられた状態です。
投了迄は時間の問題ですね。

逮捕された方々は警察に王手をかけられた状態です。
投了迄は時間の問題ですね。

ちょっとうまい事言ったつもりだったんで2回言ってみました。

0 件のコメント:

コメントを投稿